一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

リーダブルコード

 

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

 

有名な本だけれど読んでなかったのだが、某所で話題になったのをきっかけに一気に読んでみた。

 

正直、10数年ソフトウェアエンジニアとして生きてきたオッサンにとっては「まあそうだよね」という内容で、95%以上の部分は本書を読む前から自然とやっている内容でした・・・・・と言うならお前の書くコードはリーダブルコードに出てくる内容を全て網羅した綺麗なコードばかりなんだろうな?と言われるとそうとは言い切れないですし、同じテーマで本なりブログなり書いてみろよと言われても、本書に書かれた内容をサラサラ書いていくことは出来なかったと思います。

書かれているノウハウに反論したくなるような部分はほぼ無く、リーダブルなコードを(書きたい || 書くべき)プログラマ全員に読んでもらいたい名書であることは間違いありません。

 

本書を一通り読んでみて思ったのは、ある一つの事を意識していれば最終的にはリーダブルなコードに行き着くんだなということ。それは「自分以外のエンジニアが理解出来るコードを書く」ということです。

新卒でも理解できるか?即戦力のエンジニアが見たらどう思う?自分が今置かれている環境で想定できるエンジニアをイメージし、その人が初見でも読める実装を目指す。そうやって数年コードを書き続けていれば本書は不要かもしれません。

しかし本書は、

  • 若手
  • 同僚にお前のコード汚くて読めないと罵られた
  • なんか俺が作った部分は俺以外のエンジニアが触りたがらないなー、なんでだろう?と日々思っている

といったエンジニアが読めば、最速でリーダブルなコードを書けるようになる一冊です。