読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

yumのまとめ - 4.yumにサードパーティのリポジトリを追加する

linux yum memo

目次に戻る
 サードパーティリポジトリとしてメジャーなRPMforgeリポジトリを追加する手順をまとめます。前提条件として、yum-prioritiesプラグインをインストール済みであるものとします。
[RPMforgeリポジトリをインストール]
http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/から、ディストリビューションにあうRPMパッケージをインストールする。

# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

[RPMforgeレポジトリの設定]
ここは趣味によるのですが、RPMforgeへの接続をenabled = 0(無効)に設定します。

# cat /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
# Name: RPMforge RPM Repository for Red Hat Enterprise 5 - dag
# URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
#baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/dag
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

priorityの設定を追加して、enabled = 1(有効)にしている人もいると思うのですが、無効にするのが主流派のようです。理由としてはどのリポジトリに接続しているのかなどが分かりにくくなるからだと思われます。

[RPMforgeのGPGキーをインストール]

# wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm --import RPM-GPG-KEY.dag.txt

[使用方法]
RPMforgeをyumの対象としたい場合、--enablerepoオプションをつけて実行する。

# yum --enablerepo=rpmforge list