読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

凡人として生きるということ - 押井 守 -

book

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)
押井 守
幻冬舎
売り上げランキング: 12347

 面白かった。タイトルだけ見ると啓蒙書みたいなイメージを受けたけど、内容は攻殻機動隊などの作品で有名な映画監督・押井守氏のエッセイだ。人生や今の社会・政治・映画等々について押井守の考えがまとめられている。前半から後半に書けて右肩上がりに面白くなっていくので、一気読み推奨です。印象に残った部分を引用したかったのだけど、一部を切り抜いても本書の面白さを伝えられないのでやめた。押井監督の映画に似てますね。