読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

Snow Leopardにアップグレード時のMacPortsとRuby開発環境について

memo mac

 Snow Leopardが発売してちょっと時間が経ちましたが、発売してすぐに売り切れになってしまったので買えず、最近やっとインストールしました。そこで問題になるのがMacPortsRubyの開発環境です。僕は何か開発する時はVMwareCentOSを入れて開発することが多いので対応しなくてもいいんですが、動かないと気持ち悪いので「Snow Leopardにアップデートした後に気をつけること 主にMacPortsとrubygemsについて」を参考に開発環境をアップデートしました。以下はその時のメモ。

Xcodeをインストール

 Snow Leopardリリース直後は1.8の正式版が無かったようですが、今はありますね。
http://distfiles.macports.org/MacPorts/
ここから最新版をDLして、make installします。

$ tar xfz MacPorts-1.8.0.tar.gz 
$ cd MacPorts-1.8.0
$ ./configure && make && sudo make install

インストール済みのMacPortsを削除

 今まで使っていたportsは32bitでコンパイルしてあるので動かない。よって全て削除します。

$ sudo port -f uninstall installed

RubyRubyGemsをインストール

 そのまんま。apacheとかも問題なくインストールできました。

$ sudo port install ruby rb-rubygems

RubyGems関連のインストール

 まずはインストール済みのGmesのリストをファイルに出力。

$ gem list | cut -d” ” -f1 > installed_gems

 今まで使っていたgemをバックアップ

$ sudo mv /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/lib/ruby/gems/1.8 \
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/lib/ruby/gems/1.8.bak
$ sudo mkdir /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/lib/ruby/gems/1.8

 Gemsを全てアンインストール。

$ sudo gem list | cut -d” ” -f1 | xargs sudo gem uninstall -aIx

 今まで使っていたGEMをインストール。

$ cat installed_gems | xargs sudo env ARCHFLAGS=”-Os -arch x86_64 -fno-common” gem install -no-ri -no-rdoc

最後に

 Gemsを64bit対応させるように.bash_rcに色々書いたりとかあるみたいですが、とりあえずは何もしてないです。しかしこういう手順を実行しないといけないのはなんかMacっぽく無いですね。ま、Xcodeとか入れてる人はこのぐらいのことは自前でできるので問題ないのでしょうか。
 で、肝心のSnow Leopardを使ってみた感想ですが、起動&終了が激速になって満足です。正直これだけの為にSnow Leopardを入れたといってもいい。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Mac OS X 10.6 Snow Leopard