読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

ミッション

blog

はてなのコーポレートページを少し新しくしました。一番の変更点は、先日社内で決めたミッションを明確に掲げたことです。

会社情報:はてなのミッション - はてな

はてなは「T型コミュニケーションを促進する」こと=「人と人とのコミュニケーションを促進し、価値ある情報をより多くの人に届ける」ことをミッションとして、これからもサービスを提供していきたいと思います。T型コミュニケーションは社内の造語で、人と人とのコミュニケーションを促進する横棒と、そこから生まれる価値ある情報を第三者に届ける縦棒を組み合わせて「T型」としています。

 なんか意外だ。何がかというと、今まではてながミッションを明確に定めていなかったということがです。言われてみるとはてなのミッションて決まってなかったですね。現状ではCGMでクオリティの高いコンテンツができ、それを伝播力の高いメディアに乗せるウェブサービスを作っていくってことですかね。結構いいミッションだと思います。
 それにしても世にある企業の中でミッションを設定している会社ってどれだけあるんでしょうか。例えばある程度の規模になった会社だと企業理念ぐらいは掲げているものの、会社名からミッションを連想するようなことは殆ど思い浮かばない。Googleだと「世界中の情報を整理し尽くす」とかすぐに思い浮かぶのだけど、他にはすぐに思いつく会社ってないよなぁ。特に日本の会社だと全然だな。小中規模の会社になってくると更にミッションを設定している会社は減ってくる。僕は今まで色々な会社*1の人たちに会ってきたけど、「僕たちはこのミッションを遂行する為にこの会社をやってるんです!」という話を聞いたことが無い。
 やっぱり、会社をやるからには「○○がしたい」というのが最初にあって、それを実現させる為の手段として「起業」があるんじゃないかと思うし、そうあるのが理想だと僕は考えます。自分がやりたい事ができる場があるなら、そこで働けばいいわけだし、無理して起業する必要は無いんです。まぁ、金儲けしたいからとか起業した方が効率がいいからとかもアリだと思いますけどね。会社が回ってるだけでそこに雇用は生まれるわけだし、社会貢献もできているわけで。ただ、もう少し「ミッション」や「理念」を掲げてそれに共感する人たちが集まる会社が増えた方が世界はより良くなるのではと思うわけです。

*1:大体SI企業ばっかりですけど。