読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

MacOS X SnowLeopardのクリーンインストール

mac install

 SnowLeopardはアップグレードでインストールしていたんだけど、そのうちクリーンインストールしようと思ってた。で、やるついでにHDDも交換してみようということで調べていたら「ソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブ」なんてのを見つけた。SSD+HDDのハイブリッドみたいなものらしい。値段も安いし、以下のものを購入。


 HDDの交換は思っていた以上に簡単でした。メモリの交換の方が面倒そうですね。というわけで俺用のSnowLeopardクリーンインストールをまとめます。

MacBookのモデル

Apple MacBook 2.0GHz 13.3インチ MB466J/A

Apple MacBook 2.0GHz 13.3インチ MB466J/A

事前準備

MacPorts

 MacPortsの最新バージョンをここから落としてインストールする。やっぱりdmgでインストールすると楽ですね。

$ sudo port selfupdate # 最新版にアプデート
$ sudo port sync # PortsのDBを最新版にアップデート
$ sudo port -d install vim +perl +ruby +huge
$ sudo port -d install ruby
$ sudo port -d install ruby19
$ sudo port -d install rb-rubygems
$ sudo port -d install tree
$ sudo port -d install wget
$ sudo port -d install nkf
$ sudo port -d install curl
$ sudo port -d install nmap

 とりあえずはこんなもんで。

FireFox

 以下をバックアップする。

~/Library/Application Support/Firefox/Profiles/xxxxxxxx.default # バックアップするディレクトリ

 FireFoxインストール後、1回起動するとProfilesディレクトリができるので、その中のプロファイルディレクトリをバックアップ元のファイルで上書きし、FireFoxを再起動する。profile.iniをいじる方法もあるが、こっちの方が楽。

Thunderbird

 以下をバックアップする。

~/Library/Thunderbird/Profiles/xxxxxxxx.default # バックアップするディレクトリ

 Thunderbirdインストール後、1回起動するとProfilesディレクトリができるので、その中のプロファイルディレクトリをバックアップ元のファイルで上書きし、Thunderbirdを再起動する。profile.iniをいじる方法もあるが、こっちの方が楽。

iTunes

 以下のディレクトリ・ファイルをコピーして同じ場所に戻すだけ。

~/Music/iTunes
~/Library/Preferences/com.apple.iTunes.eq.plist
~/Library/Preferences/com.apple.iTunes.plist

Adium

 チャットログの保存先をDropBoxにする。

$ ln -s /Users/username/Dropbox/logs/Adium/ /Users/username/Library/Application\ Support/Adium\ 2.0/Users/Default/Logs

TimeMachine

 バッファローのNASを使っているんだけど、まためんどい設定しないとダメかなあと思っていたのだけど、コンピュータ名を前回と同じにしたらそのまんま動いた。

最後に

 Macを買ったのが2008年末というのもあって、開発環境をごちゃごちゃいじってたらなんか設定ファイルとかがキモくなってたのでスッキリしました。次のMacBookを買うまではもうクリーンインストールなんてやらないかな。

MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD

MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD