一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

YoutubeにRubyKaigiのチャンネルが出来てる!

RubyKaigi - YouTube

全く気付かなかった。はやく教えてよもー。

InputMan

自分が20代の頃、1次受けの会社に常駐という形で某業務系システム開発にJOINした時の話。

その会社は汎用機の開発経験があるエンジニアしかいないのだが、オープン系の受託開発を受注して開発を開始。しかし今のままでは不安なのでオープン系の開発経験者を入れようか?そんなところに入ったのが自分と他社の2人のエンジニアだった。

開発言語はVB6.0で、最初にコードを書いていたのはプロパーのエンジニアだった。業務の説明の後にとりあえずコードを見ることになり、 ああ勉強しながら書いてる感じだなーとか思いつつコードを流し読みしていて、おや?と思った。「InputManを使っていない」のだ。ま、VBでの開発自体初めてなのだから知らなかったのだろう。

どんなソフトかWebエンジニア向けに簡単に説明すると、Datepickerのようなもので、日付だけでなく電話番号や金額など業務系のシステムでよくつかう様々な入力フォームを実装しているミドルウェアといった感じだ。業務システムの開発で、開発言語にVBを使っているプロジェクトなら、当時はどこに行ってもほぼ100%採用されていたソフトウェアだ。

InputManを使っていれば必要のないコードを自前でゴリゴリと書いているので、その為に無駄な工数を使っているのは明らか。 一緒に働いていた他社のエンジニアも気がついてPMにInputManを紹介したのだが、採用は却下された。理由は以下のとおり。

  1. 今まで作ったコードを修正しないといけないので時間がかかるのでは?
  2. 学習コストがかかるのでは?
  3. ライセンス代が30〜50万円(当時)で高い

だけど、1に関しては実装を見る限りさほど時間はかからず、2に関してはVBができる人なら学習って言うほど学習がいらない。3に関しては使わない方が稼働時間が増えたり、人出が足りなくなって人件費の方がかかってしまう。この点をPMに説明したのだが、彼は汎用機の開発経験しかないという事もあり、ピンとこなかったんだろう。説明しても納得してくれなかった。 それ以上は誰も突っ込まなかったが、自分が所属している会社ならもう少し頑張ったのだと思う。まあ下請けではそこまで深入りしないですからね。

で、結局その後工数が膨らんでしまってエンジニアを2人増員することになりました。1ヶ月あたり人件費に100万以上払うことになったわけですね。エンドユーザーは人が増えた分だけ予算を増やしてくれるわけではないので、人が増えれば増えるほど1次受けの会社の利益は減ります。。。結局、InputManのライセンス代を払うより高くついてプロジェクトは終了しました。

ソフトウェア開発だけに限らず、あらゆる状況で「InputMan」のような存在はあるのだろう。 自分に知見が無い分野のInputManを、うまく使いこなせるようになりたい。

PowerToolsシリーズ InputMan Pro 6.5J

PowerToolsシリーズ InputMan Pro 6.5J

今月から

実は複数あった会社が事業統合しただけで、勤務先や周りの環境は全く変わってません。 職務経歴上は転職した扱いだけど。 つまり例の画像を貼ってみたかっただけです。

今年のテーマ

つまり「今年の目標」なんだけど、年明けから暫くはごたごたしてて、そういうものを設定していなかった。というわけで区切りのいい4月で決めました。 「基本を学び直す」 に決定。 何をするかまだ決めてないけど、とりあえずは定期的にホッテントリに書評が上がる「UNIXという考え方」を読み返してみます。

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

Ginza.rb 第8回 Gemfileみせっこ!みんなどんなの使ってます?に先月行ってきた

2月に参加したGinza.rb第8回目についてのエントリー。 書いたのはいいけど、POSTし忘れてました。 というわけでGinza.rbで紹介したgemと紹介し切れなかったgemをまとめました。 全部ではないですが、これってものをピックアップしてます。

Ginza.rbで紹介したgem

seed-fu

seed-fuはseedデータの管理を行うためのgemです。

これに乗り換えたキッカケはRails4でrake db:fixturs:loadを実行してみたらFIXTURES_PATHの指定時にdeprecatedが出た事でした。 (マスターデータをfixtruesでロードしたかった)

Using FIXTURES_PATH env variable is deprecated, 
please use ActiveRecord::Tasks::DatabaseTasks.fixtures_path = '/path/to/fixtures' instead.

FIXTURES_DIRは今まで通りにパラメータで指定できるのに、FIXTURES_PATHは何故かActiveRecord::Tasks::DatabaseTasks.fixtures_pathで指定する方向になるようです。 これはキモいし、なんか不自然な変更なのでまた仕様が変わりそうな予感もする。ならseedでやろうかと思ったのだけど、

rake db:seed # rakeタスク
Rails.application.load_seed # コードで呼び出す場合

どちらもパラメータを受け取らない。実装を見ると、

# File railties/lib/rails/engine.rb, line 538
def load_seed
  seed_file = paths["db/seeds.rb"].existent.first
  load(seed_file) if seed_file
end

"db/seeds.rb"を決め打ちで読み込んでいるのでRailsのseedだとrake db:fixtures:loadの代わりに使う事はできなかった。そこで偶然見つけたのがseed-fuだった。

# rakeタスク
rake db:seed_fu FIXTURE_PATH=path/to/fixtures # パスを指定できる
rake db:seed_fu FILTER=users,articles # 読み込むseedデータを指定できる
# コードで呼び出す場合
SeedFu.seed(fixture_paths, filter) # rakeタスクと同様のオプションを指定可能

という感じでrailsのfixtures:loadとseedのいいとこ取りみたいなライブラリだったので使うことにしました。 パスが未指定の場合"#{Rails.root}/db/fixtures" と "#{Rails.root}/db/fixtures/#{Rails.env}"がデフォルトで設定されているので、環境ごとにseedデータを分けるのも簡単です。production環境のマスターにデータを追加したいなあって時も使えますね。

というわけでseed-fuオススメです。別のエントリーで使い方まとめようかな。

grape

RESTライクなAPIマイクロフレームワーク・・と書かれてますが、 要するにSinatraっぽいAPI専用のフレームワークで、活発に開発が行われています。 Grapeは単体で使用することもできますが、Railsと組み合わせることも可能です。 実際これで某サービスのAPIを実装しました。採用した決め手になったポイントは、

  • Railsのコントローラで作るより高速
  • 実装が読みやすい
  • HTTPリクエストメソッドにPATCHがある(Railsっぽい)
  • Railsと同居できる(ActiveRecordとか呼べる)
  • 最悪やっぱりRailsのコントローラにしようと思った時に、移行作業がそれほど重くなさそう

といったところで、非常に使いやすかったです。 これ流行ってほしいなー。

Ginza.rbで紹介しなかったgem

paper_trail

世代管理用ライブラリ。RailsCastsで紹介されている割には知名度が低い気がする。全く同じ機能をゴリゴリ書いていたプロダクトを思い出して、これを知ってたら工数減らせたなーとか思った。

pundit

権限管理ライブラリ。ポストcancan!最近流行りつつあるようだ。 cancanよりOOPぽく書ける。

まとめ

これぐらいですかね。全部個人的に流行ってほしいなと思ってるgemの紹介でした。

関連URL

Ginza.rb 第8回 Gemfileみせっこ!みんなどんなの使ってます? Ginza.rb 第8回 Gemfileみせっこ!みんなどんなの使ってます? を開催した