一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

10年以上ぶりにPCを自作した件について

Windows PCを10年以上ぶりに自作しました。 メインPCがMacになってからずっと自作PCなんか作らなかったのだけど、グラフィックボードなど価格が下落してきたので作ってみたので、ざっくり思ったことをまとめた。

10年以上を経て変化したところ

自分が想像していた自作PCの未来はATXマザーボードがほぼ消滅し、小型のマザーボードが大半を占めている・・・という世界だったのだけど、現実は主にATXMicroATXMini-ITXの3種類程度に分散している感じだった。

PCケースは光学ドライブが無い事が前提の作りのものだらけになっていて、HDDはSSDが普及したことによってメモリより小型化している。しかし、VGAは逆に大型化が進んでいた。メモリは形状的にはさほど変化せず。

CPUはAMDが幅を利かせている時代へ。昔からCPUはAMDを選んでいたのでこれはちょっと嬉しかった。

パーツが全体的に光るものが多くなっていて、極力光るパーツを選んだつもり。意味ないだろとか思ってたけど、通電してるかどうか分かりやすくて便利。

意外だったのがWi-FiBluetoothオンボードでない事が結構あるという点。普通はマザーボードに載ってるものだと思っていたので、作り終わってから無いことに気付いて内蔵型のWi-Fi/Bluetoothカードを発注した。今はM.2スロットに刺すタイプが定番なようだ。アンテナの取り付け作業が小さすぎて恐ろしく面倒だったのでこれはなんとかしてもらいたいところ。

金額面の変化が激しい。自分が買ったVGAの価格を今見たら2万円ぐらい値上がっていた。昔は安く作れるから自作PCを組んでいたけど、今は世界情勢的にも安定しなさそうな点だ。

10年以上を経ても変わらないところ

マニュアルの分かりにくさ。これは全く変わってない。業界に自作PCユーザーを増やそうという流れは無いんだろうか?同じものを指しているのに名称が複数あったり、初心者はハマりそうなポイントが多い。分かりにくい箇所は都度ググってなんとかした。

使ってみた感想

Windowsの起動が恐ろしく速い。自分のMBP(Intel)と比較しても段違いだった。もうWindowsの起動は遅いという時代ではなくなっていたようだ。 しかし、ドライバ・BIOSの更新がとにかく面倒。これはWindowsの問題なんだけど、Macと比較するとまだまだ改善の余地があるのが分かる。どうにかならないんでしょうかこれ。

用途

今の所ゲーミングPC状態です。はい。 せっかくそこそこ立派なVGAを買ったのでゲーム以外でも使いたいところです。とりあえずUbuntuを入れてみるつもり。

雑な自作PC写真

購入パーツ一覧

ドライバ/BIOS ダウンロードリンク

個人用メモ

macOS Monterey にアップデートしたら Karabiner-Elements が動かずに焦る

macOSをアップデートしたらまず確認するのはKarabiner-Elementsの動作チェック! commandボタンを押して日本語入力のオンオフを確認したところ、全く動かない。 ググって出てきたそれっぽい記事は以下だけ。

macOSのMontereyでKarabiner-Elementsが動かない – inamuu.com

これが原因ではなく、Krabiner-EventViewerで見ても問題なく動作しているし、GitHubを見に行っても自分と似たようなissueは上がっておらず、Changelogを見ても Monterey 対応は終わっている様子。 何故なのか分からずに途方に暮れていたところ、ふとGoogle日本語入力が起動していないことに気付いた。普通に起動しても動かなかったので、reinstall して起動。Karabiner-Elementsも問題なく動作して安心。良かった。。

AirPodsProを無償交換してもらって感動した

2020年10月以前に製造された AirPods Pro の一部で不具合があり、無償交換の対象になりました。

support.apple.com

自分が持っているAirPodsProがまさに無償交換対象になっていて、左側のAirPodsProからハウリングしているような音がしていたのでいいタイミングでした。 先月、近くのApple 正規サービスプロバイダ(ビックカメラ)に持ち込んだところ15分ほどの調査で左右ともサポート対象の不具合があると判明。両方とも新品と無償交換が決定しました。(おまけでアップル純正のイヤーチップ付き) そのまま未開封新品の商品を貰って帰れるのかなと思っていたら動作確認をして欲しいと言われ、なんだよ面倒だなと思いつつ新品のAirPodsProを耳に入れた瞬間、まるで耳栓をした時のように周囲の雑音が消えたのに驚きました。

自分のAirPodsProは異音だけが故障内容だと思っていたのに、ノイズキャンセリング機能もやられていた事にこの瞬間初めて気づいたのです。思い返してみれば確かに買ったばかりの頃はこんな感じだったような気がする。それでもノイズキャンセリングの効果は出ていたので気が付かなかったのだと思います。

家に帰ってから使っているとBlueToothの接続先の切り替え速度も驚くほどスムーズになっており、こちらも問題 があったとこの時知りました。主に以下の不具合が起きていました。

  • ハウリングの様な異音がたまにする(ノイズ音が多いらしい)
  • BlueToothで接続の切り替えが遅い
  • イヤーチップの接続テストで常にエラー

異音以外は耳の形が悪いのでは。BlueToothの接続切り替えはこういうもんなのかな。と思っており、ずっとそのまま使い続けていたのでした。 自分が体験していたAirPodsProは本来のパフォーマンスを全く発揮していなかった。もし異音が発生しなかったら今もそのまま使い続けていたかもしれないと思うと、分かりやすい部分が故障してくれて良かったと思う。

AirPodsProユーザーは念の為チェックしてもらうことをお勧めします。

AWS Database Migration Service

「異なるDB間で特定のデータを同期させたい」 ちょっと機会があったので、この要件をAWSのサービスで実現出来ないかと思って調べてみた。 それで出てきたのがこれ。

aws.amazon.com

DMSはユースケースに書いてある通り「DB間移行作業」で使うイメージが強いと思う。オンプレからAWSにサービスを載せ替えたい。といった要件はよくありそうだし、基本はこのようなケースで使われる事が多いのだろう。しかし、これもユースケースに書かれているが「継続的なデータレプリケーション」でも使えるサービスだったのだ。

テーブルマッピング」を見た感じ、DB間でテーブルの構成に差分があっても対応出来そう。ググってみると思っていたよりレプリケーション用途で使っている実例が出てきたので、そこそこある要件なんだなってのが分かる。使ってみたかったけど、他のプランにしてDMSは使いませんでした。

時間が無いから・・・って理由で一旦DMSを使ってデータを同期させ、別システムを構築とかやってるところありそう。どんどん機能が追加されてAWSが便利になっていくのはいいけど、負債の幅も広がっていくのかもしれない。

リモートワークで買ったもの。お勧めです。

コロナウイルスの影響でリモートワークが始まってから購入したものを書き出してみる。

ノートPCスタンド

個人で持ってるMacBookProをデスクにそのまま置き、ディスプレイに出力して使っていたのだけど、ここに会社のPCが加わった。重ねて置いて使うのが辛くなったので最初に買ったのがPCスタンド。普通はこれに1台乗せて使うんだけど、自分は上下に2台置いて使っている。

AirPodsPro

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス
これは買ってよかった。もし今持っていなかったら次のモデルを待っていたかもしれない。タイミングが良かった。 マイクが付いてるからMTGで使うし、ノイズキャンセリングをONにすれば作業に集中出来る。仕事が終わった後もNetflixなどを見るのに使うので払った金額以上に使い倒している。

HDMI/USBケーブル各種

などなど。1日中家のデスクに座っていると各ケーブルの配線や長さが気になってきて、更にはそこにハマる適切な長さのケーブルをイメージしやすくなってしまうので一通り買い替えてしまった。

まとめ

体感としてはもっと買っている感じがするのだが、仕事で使うものに限って言えばこんなものだった。 ケーブル類を多く買い替えて取り替えたので、見た目的に自分では大きな変化があった感を感じていただけかもしれない。 元々椅子はアーロンチェアを使っているし、大きい買い物は必要無かったのだ。 次はデスクを自作したくなってきたけど、ワンルームでそれをやるにはデスクとして今使っているエレクターを処分するタイミングが難しい。これは当分保留になりそうだ。