一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

macOS Monterey にアップデートしたら Karabiner-Elements が動かずに焦る

macOSをアップデートしたらまず確認するのはKarabiner-Elementsの動作チェック! commandボタンを押して日本語入力のオンオフを確認したところ、全く動かない。 ググって出てきたそれっぽい記事は以下だけ。

macOSのMontereyでKarabiner-Elementsが動かない – inamuu.com

これが原因ではなく、Krabiner-EventViewerで見ても問題なく動作しているし、GitHubを見に行っても自分と似たようなissueは上がっておらず、Changelogを見ても Monterey 対応は終わっている様子。 何故なのか分からずに途方に暮れていたところ、ふとGoogle日本語入力が起動していないことに気付いた。普通に起動しても動かなかったので、reinstall して起動。Karabiner-Elementsも問題なく動作して安心。良かった。。

AirPodsProを無償交換してもらって感動した

2020年10月以前に製造された AirPods Pro の一部で不具合があり、無償交換の対象になりました。

support.apple.com

自分が持っているAirPodsProがまさに無償交換対象になっていて、左側のAirPodsProからハウリングしているような音がしていたのでいいタイミングでした。 先月、近くのApple 正規サービスプロバイダ(ビックカメラ)に持ち込んだところ15分ほどの調査で左右ともサポート対象の不具合があると判明。両方とも新品と無償交換が決定しました。(おまけでアップル純正のイヤーチップ付き) そのまま未開封新品の商品を貰って帰れるのかなと思っていたら動作確認をして欲しいと言われ、なんだよ面倒だなと思いつつ新品のAirPodsProを耳に入れた瞬間、まるで耳栓をした時のように周囲の雑音が消えたのに驚きました。

自分のAirPodsProは異音だけが故障内容だと思っていたのに、ノイズキャンセリング機能もやられていた事にこの瞬間初めて気づいたのです。思い返してみれば確かに買ったばかりの頃はこんな感じだったような気がする。それでもノイズキャンセリングの効果は出ていたので気が付かなかったのだと思います。

家に帰ってから使っているとBlueToothの接続先の切り替え速度も驚くほどスムーズになっており、こちらも問題 があったとこの時知りました。主に以下の不具合が起きていました。

  • ハウリングの様な異音がたまにする(ノイズ音が多いらしい)
  • BlueToothで接続の切り替えが遅い
  • イヤーチップの接続テストで常にエラー

異音以外は耳の形が悪いのでは。BlueToothの接続切り替えはこういうもんなのかな。と思っており、ずっとそのまま使い続けていたのでした。 自分が体験していたAirPodsProは本来のパフォーマンスを全く発揮していなかった。もし異音が発生しなかったら今もそのまま使い続けていたかもしれないと思うと、分かりやすい部分が故障してくれて良かったと思う。

AirPodsProユーザーは念の為チェックしてもらうことをお勧めします。

AWS Database Migration Service

「異なるDB間で特定のデータを同期させたい」 ちょっと機会があったので、この要件をAWSのサービスで実現出来ないかと思って調べてみた。 それで出てきたのがこれ。

aws.amazon.com

DMSはユースケースに書いてある通り「DB間移行作業」で使うイメージが強いと思う。オンプレからAWSにサービスを載せ替えたい。といった要件はよくありそうだし、基本はこのようなケースで使われる事が多いのだろう。しかし、これもユースケースに書かれているが「継続的なデータレプリケーション」でも使えるサービスだったのだ。

テーブルマッピング」を見た感じ、DB間でテーブルの構成に差分があっても対応出来そう。ググってみると思っていたよりレプリケーション用途で使っている実例が出てきたので、そこそこある要件なんだなってのが分かる。使ってみたかったけど、他のプランにしてDMSは使いませんでした。

時間が無いから・・・って理由で一旦DMSを使ってデータを同期させ、別システムを構築とかやってるところありそう。どんどん機能が追加されてAWSが便利になっていくのはいいけど、負債の幅も広がっていくのかもしれない。

リモートワークで買ったもの。お勧めです。

コロナウイルスの影響でリモートワークが始まってから購入したものを書き出してみる。

ノートPCスタンド

個人で持ってるMacBookProをデスクにそのまま置き、ディスプレイに出力して使っていたのだけど、ここに会社のPCが加わった。重ねて置いて使うのが辛くなったので最初に買ったのがPCスタンド。普通はこれに1台乗せて使うんだけど、自分は上下に2台置いて使っている。

AirPodsPro

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス
これは買ってよかった。もし今持っていなかったら次のモデルを待っていたかもしれない。タイミングが良かった。 マイクが付いてるからMTGで使うし、ノイズキャンセリングをONにすれば作業に集中出来る。仕事が終わった後もNetflixなどを見るのに使うので払った金額以上に使い倒している。

HDMI/USBケーブル各種

などなど。1日中家のデスクに座っていると各ケーブルの配線や長さが気になってきて、更にはそこにハマる適切な長さのケーブルをイメージしやすくなってしまうので一通り買い替えてしまった。

まとめ

体感としてはもっと買っている感じがするのだが、仕事で使うものに限って言えばこんなものだった。 ケーブル類を多く買い替えて取り替えたので、見た目的に自分では大きな変化があった感を感じていただけかもしれない。 元々椅子はアーロンチェアを使っているし、大きい買い物は必要無かったのだ。 次はデスクを自作したくなってきたけど、ワンルームでそれをやるにはデスクとして今使っているエレクターを処分するタイミングが難しい。これは当分保留になりそうだ。

Kindle Unlimitedの自動継続をキャンセルする方法

上記の手順で期限まではKindle Unlimitedを利用出来、自動継続だけをキャンセルできる。

PFU HHKB Professional HYBRID Type-S

PD-KB800BS Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨
HHKB Professional HYBRID TypeS PD-KB800BS

自作の分割キーボードを作ったばかりだが、HHKBの新作の出来が良さそうだったので購入。 個人的に良かった点をまとめます。

Bluetooth4.2 / USB接続対応

前作のBTモデルは3.0だった為、無線の接続が切れやすかった。これが4.2になることによって改善。スリープモードからの復帰時にもスムーズに繋がります。 また、USBTypeCによる有線接続にも対応。前作のBTモデルは無線接続のみでした。有線で接続することは殆どないけれど、できるのであれば安心感がある。

TypeSについて

HHKBは結構な期間使っていたけど、TypeSを触ったのは実は初めて。 打鍵感は軽く、キースイッチの上にキーキャップが軽く浮いてるんじゃないかと思うような感覚です。 押下圧は45gでキーストロークは前作のBTモデルよりも浅めになっていました。

キーマップ変更の対応

キー配列を専用のソフトウェアで書き込み可能に。これに関してはソフトウェア的に設定を変える事もできるけど、やはりキーボード本体自体に書き込めると嬉しい。 左下のAlt/OptionをFnキーにするか考え中。

複数台のデバイスにペアリング可能に

4台までのデバイスにペアリングし、キーボードの操作のみで切り替えることが可能になりました!今作のHHKBはこの機能だけでも買う価値があった。 最初は専用のスイッチで接続先を切り替えたいなと思っていたけれど、使ってみるとキーボードの操作だけで切り替えられた方が快適だなと納得。HHKBを使うユーザーだったら確かにそっちのほうがいいかと今は納得している。

値段

¥35,200 ということで、これは安い! この機能とこの品質、今後5年以上使える商品なのでお釣りが来ると思っている価格だ。 ただ、今までHHKBを使ったことがない人はまず有線モデルを安く入手し、自分に合うか確認してから購入することをお勧めします。

もしもHHKBの分割ワイヤレスキーボードモデルが発売されたら

正直言うと満足度では自作の分割キーボードとトントンあたりになるだろうと思っていたけど、HHKBは凄かった。 「分割できる」という1点を除いて完全にHHKBに軍配が上がった。 もしもHHKB分割ワイヤレスキーボードが発売されたら、自作分割キーボード文化が縮小してしまうのではと思うほどだった。 前作のBTモデルから4年足らずの新作ということで、次回は分割をやってくれそうな気はしているがどうなることやら。