読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一分一秒真剣勝負!

Ruby, Railsなど。Web系の技術ネタを充実させたい・・が、そうなるかは分からない。

ニッポン犯罪狂時代

book

ニッポン犯罪狂時代
ニッポン犯罪狂時代
posted with amazlet on 07.02.06
北芝健
扶桑社
売り上げランキング: 37829

 北芝さんの本、また買っちゃいました!元警視庁刑事・北芝健の本というだけで即買い!非常に魅力的な人物で、彼が司会のテレビ番組でも始まった日にはHDDレコーダー買っちゃおうかというぐらい注目している人物です。その人気ぶりはここのような誰も見ていなさそうなブログにすら「北芝健」でぐぐって飛んでくる人がいる事からも実感しました。って、ファンサイト発見。Wikipediaに関してはかなりご立腹だった様子だが、ファンサイトは素直に嬉しいのだろうか。まあそういう話は置いておいて、肝心の本書の内容ですが、一言でまとめると「少年犯罪からネット犯罪・北朝鮮の国家ぐるみの犯罪までありとあらゆる犯罪を斬る!」てな感じ。これを読み終える頃には日本の司法や警察のあり方に関して疑問を感じるようになっているでしょう。被害者の心情を思うとやりきれない事件がいっぱいです。
 また、暴力団対策法を利用し、暴力団から脅迫行為を受けても簡単に跳ねのけてしまう方法が為になりました。Blogのタイトルにするなら『ヤクザを撃退する15の方法』といった内容で、これから暴力団の被害に遭うかもしれない人が読んでいる可能性もあるので是非引用したいのだが、この部分は引用していいものかどうか判断がつかないのでとりあえず書かないでおこう・・。しかし北芝さんはBlogでこういう情報を発信した方がいいんじゃないのかと思う。情報が伝わる数だけで見るとテレビにはまだ敵わないけど、Blogの伝播力は半端じゃないからね。
 本の中でもファンタジー北芝が見事予測を的中させました。*1

平成十八年の上半期では組織暴力団による対立抗争事件は起きなかった。現在は小康状態にあるものの、それぞれの組織が内部に問題を抱えており、いつ大きな抗争に発展してもおかしくないような火種を抱えている。嵐の前の静けさ、一触即発の状態にあるといっても過言ではないだろう。
p133〜134より引用

 上記の引用部分を読んだのが昨日なんですが、ついさっき切り込み隊長のブログで以下のようなエントリーが!

西麻布で暴力団幹部射殺
 何か起きておるようです。Tビルの話なんでしょうか。リアル龍が如く状態になってます。大変です。

 本の出版が去年の年末だからタイミングバッチリだな・・・。暫くの間、深夜はウロウロしないように気をつけます・・。

*1:たかじんのそこまで言って委員会を見ている人なら分かるだろうけど、「ファンタジー北芝」の空想は当たります(笑)。